[1]採用担当から

福井マラソン 号砲間近!

ん~、志望動機は? は、はい、実は…
まるで面接?!
というわけではなく、
今年もこの日がやってきました。
採用試験!ならぬ・・・
会場いっぱいです
福井マラソンの社内全体会議です。
マラソン担当もりっこにお任せ!

今年は5キロ、10キロの2コースに
5872人のエントリーがありました。
(スタート、ゴール地点の改修工事のため、
ハーフの部はお休みとなります。)

これだけの数のランナーの安全と
ルートの確保のためには、
事前の全体会議は欠かせません。

特に今年は、
11日の号砲が待ち遠しい反面、
改修工事がネックとなり、
開会式や受付場所などが大幅に変わります。
当日は予定通りに進められるか、
不安がなきにしもあらず…です。

そのため、スタッフの社員も、
いつも以上に真剣な表情です。
スムーズに運営できますよう

ランナーの皆さんをはじめ、
周辺住民の皆さま方にも
ご不便をおかけする
場面があるかと思います。
その際はどうかご容赦いただければ幸いです。

わたしたちスタッフも最善の状態で
当日を迎えます。

どうかご協力、よろしくお願いいたします。

受験票を発送しました

秋の採用試験に多数の応募をいただきありがとうございました。
書類選考を通過した方々に昨日、受験票を発送しました。
万が一、10月9日までに届かない場合はご連絡ください。

1次試験は10月17日(土)、福井新聞社・本社で開催します。

経営企画局 採用担当
TEL0776-57-5190 jinji@fukuishimbun.sakura.ne.jp 

秋採用 応募締め切り迫る

新卒秋採用の応募締め切りが迫ってきました。
締め切りは9月30日(水)です。
この日までに書類が到着していなければなりませんのでご注意ください。

応募の受け付けは書類が揃って完了となります。
必要書類はこちらでご確認ください。

【お問い合わせ先】
福井新聞社 経営企画局採用担当
TEL:0776-57-5190
メール:jinji@fukuishimbun.sakura.ne.jp

秋の採用試験 応募受付中

2016(平成28)年4月入社社員の秋の採用試験を10月17日に本社で実施します。
9月30日が受験申し込みの締め切り(書類必着)です。
詳細はこちら。

9月16日と26日に本社で会社説明会を開催します。
受験希望の方はぜひご参加ください。
詳細はこちら。

経験者採用の応募は随時受け付けています。

◆問い合わせ、応募先
株式会社 福井新聞社 経営企画局  採用担当
電話(0776)57-5190
〒910-8552 福井市大和田2-801
eメール jinji@fukuishimbun.sakura.ne.jp
福井新聞社HP「採用情報」   福井新聞D刊

ジュラシックな新聞社

「ひさびさの”出張”はたまらんな~ギャオス~」
下から見ると魚みたい
と、言っていそうな気がします。

福井新聞社に、
恐竜たちがやってきました!
5年ぶりです。

県立恐竜博物館で開催中の
特別展「南アジアの恐竜時代」から、
PRのための来社です。
PR展示は正面玄関から入ってスグ
今回は、さらにスケールアップ!
フクイラプトル・キタダニエンシスの
全身骨格とフィギュア、
エドモントサウルス・アネクテンスの
頭骨1体、
触れる化石が2種類あります。
一つはウ●チなので勇気がいるかも・・・。
こっちがウン●
これ↑がウ●チ。これ↓が腰骨。
これは腰の骨
そして、恐竜博士もご来社です。
ぜひ一緒に写真をどうぞ♪
ミキティ次長いいとこどり
あれ、ミキティ次長が一番乗り?!

美術品を担当する運送会社の方が
手際よく組み立てていきます。
手つきに迷いなし!
研究者のようです。すごいなぁ。

PR展示は、
あすから10月1日まで。
映画館で恐竜映画を観てから、
展示を楽しむのもいいかもしれませんね。

ただし!!
骨格とフィギュアは
触らないよう、お願いします!
さわっちゃダメよ

福井マラソン 窓口受付きょうまで

まだまだ暑い日が続きますが。。。

今年もこの時期が近付いてきました。
マフラータオルが当たるよ
10月11日 「福井マラソン」 です!

本社1階では、
きょうまで窓口での受付を行っています。
今年も走るぞ~
インターネット、携帯サイトは
8月31日まで申し込みOKです。

マラソン愛好家の方には残念なお知らせですが、
今年はハーフの部がありません。

スタート地点、ゴール地点の施設の
改修工事のためです。

なので、今年は5キロ、10キロのみとなります。
毎年楽しみにしていたランナーの皆さん、
すみません。

しかし!
福井の目抜き通りを走ることができる機会は
そうそうありません。
窓口は遅くまでやってます

本社での受付は、
【きょう午後7時まで】やっております。

皆さまのお申込み、
お待ちしています!!

秋採用を開始します

2016(平成28)年4月入社社員の秋の採用を開始します。
募集要項はこちら。
会社説明会も開催します。
受験希望の方はぜひご参加ください。

経験者採用の応募は随時受け付けています。

◆問い合わせ、応募先
株式会社 福井新聞社 経営企画局  採用担当
電話(0776)57-5190
〒910-8552 福井市大和田2-801
eメール jinji@fukuishimbun.sakura.ne.jp
福井新聞社HP「採用情報」   福井新聞D刊

新聞ドームづくりに挑戦

な、なんだこれは?!
でっかいクッションみたい

福井新聞社の風の森ホールに7日、
写真のような物体が出現しました。

新聞紙とビニール袋でできたこの物体は、
「新聞ドーム」なのです。

NPO法人の皆さんが行っている催しで、
新聞紙82枚とビニール袋でできちゃうんです。

まずは、新聞紙を張り合わせ…
すき間ができちゃダメ!

次に、ビニール部分に絵を描きます。
見たことのある妖怪ネコ発見
新聞紙とビニールを張り合わせ…
大人の方が暗躍します。
裏方を支える大人ズ
上下を重ねて、張り合わせます。
これまた隙間なく。裏方さんの出番…
よいしょよいしょ
扇風機で空気を送り込むと・・・
スイッチオン
およ?
およ?
およよ?
およよ?!
おおお!?
おおお!
クッションのように膨らみました。

さらに入口をつくって
ちょきちょき
中に入れば、完成です。
外からも内からも楽しい
みんなとっても楽しそう!

参加しているのは、
敦賀、美浜、三方の親子約70人。
親子で夏休みを楽しんでもらおうと、
敦賀地区販売店会の皆さんが
企画したイベントです。

最後は、みんなでドームをぐしゃぐしゃに!

ゴミも少なくて助かります。

こんな新聞の活用法もあるんですね♪

カフェリビング「su_mu」(すむ)開店です!

福井新聞の連載企画
「まちづくりのはじめ方。」。

連載を始めて、
もうすぐ1年半になろうとしています。

-福井の豊かな食文化を通して、
福井をもっと元気にしたい-

そんな思いから、
企画班メンバーは飲食店づくりを通した
まちづくりのあり方を模索してきました。

そして今年7月5日、
福井市中央1丁目のガレリア元町商店街の一角に
カフェリビング「su_mu」(すむ)がお目見えしました^^
http://sumu-fukui.com/

すでに足を運んでくださった方も
いらっしゃるでしょうか。

企画班の思いが詰まったお店です。

主張しすぎない外観。menu板が目印です。
まちなかに「住む」ことをイメージして作られた
店内は、心地よい静けさに満ちています。
手前のソファ席。すわり心地がよさそうです。
手前からソファセット、
小人数のテーブル席、
カウンター席と続き、
奥には、4人掛けのテーブル席が2つ。

お店の隣にある広場「ガレリアポケット」の
おかげで、壁一面ガラス張りのフロアには、
柔らかい日差しが差し込みます。

気になるのがメニューですね。

目印のmenu板
これでは分からぬ・・・
材料や味付けにこだわったメニューは、
このお店ならではのもの。

看板メニューの「エッグベネディクト」。
おしゃれなかんじです
丼ものもありますよ~。
こちら(↓)は、
ほぐした焼きサバと夏野菜を焼いたものを
タレでからめ、胡麻を散らした
「焼き鯖と胡麻のミネット丼」。
ミネット丼

そのほか、おしゃれなサラダ、
おいしいデザート、いろいろあります。
メニュー・営業日はこちら → http://sumu-fukui.com/lunch-menu/
チーズケーキは肉厚~♪

興味を持ってくださった方は、
ぜひ足を運んでみてください^^

大町店長(右)、久木さんらがお迎えします

大町店長(右)、久木さんらがお迎えします

その中で、感じたことや見つけたこと、
いろんな思いをいただければうれしい限りです。

お客さま一人一人の率直な声が、
よりよいお店へと成長させてくれるはずです。

どうぞよろしくお願いいたします。

◆それと!
お店の検索をする場合は、
「sumu」ではなく、
「su_mu」(間にアンダーバーを入れる)と
入力してください。
電話番号は0776-30-0567 です。
営業時間・営業日はHPでも確認できます◆